新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】

アクセスカウンタ

zoom RSS 新卒採用動向・岡山 | 大卒内定率は統計史上最悪の41.3%

<<   作成日時 : 2010/12/01 21:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新卒採用動向・岡山 | 大卒内定率は統計史上最悪の41.3%。


岡山労働局は11月30日、来春卒業する予定の
大学生の就職内定率が41.3%だったと発表しました。


最低だった昨年の43.7%を下回り過去最低を更新。
全国的でも57.6%と大幅に落ち込んでいますが、
私のお客様もいらっしゃる岡山県内は、
学生にとって非常に大変な環境のようです。



(以下、引用)
大卒内定最悪41・3%…岡山
県内18大調査 労働局も支援強化



 2011年春に卒業を予定している岡山県内の大学生の就職内定率(10月末現在)が、統計を取り始めた1995年以降最悪の41・3%となったことが、岡山労働局のまとめでわかった。

 景気は持ち直しつつあるものの、就職氷河期と呼ばれた01年の44%や、過去最低だった昨年の43・7%をさらに下回る水準。同局は「景気の先行きが見えず企業が採用に踏み切れない」とみており、県内の主な事業所に出向いて新卒者の採用を働き掛けるなど就職支援を強化している。

 同局が県内18大学に行った聞き取り調査をまとめた。今年度は、07年春に開学した環太平洋大などが調査対象に加わったほか、前年に就職できなかった学生の留年などもあり、就職希望者数は昨年より323人多い5159人。一方、内定者数は19人増の2132人とほぼ横ばいとなったため、昨年より内定率が下がった。


 同局によると、県内の雇用情勢は回復基調で、10月の有効求人倍率は0・76倍と前年の0・54倍を大きく上回った。求人数は、製造業(前年同期39・7%増)や運輸業・郵便業(同33・3%増)を中心に堅調。それなのに、新卒者の内定率が低い現状について、同局は「アルバイトなどの臨時雇用や非正規雇用が増えたが、長期的な採用は増加していない」と分析する。

 厚生労働省の調査でも全国の大学生の10月1日現在の内定率は57・6%と、過去最低を更新した。厚労相は新卒者の就職支援強化を指示しており、同局などは12月21日までの1か月間に県内の811事業所を訪問し、非正規雇用を新卒採用に切り替えるよう促す。

 同局の大崎真一郎局長は「昨年と比べれば状況は良くなっているはず。取り組みを通じ、新卒採用を押しあげたい」としている。

     ◇

 県内の各大学は、内定率が最低を記録した昨年以降、企業へのアプローチを強めており、内定の伸び悩みに危機感を募らせる。

 岡山理科大では11月現在、企業が学校に持ち込む「来校求人」は昨年の8割程度だが、教職員が企業に出向いて掘り起こした結果、全体の求人は20%上昇した。ただ、内定率は昨年より2ポイント低い54%で、同大は、企業側の厳選採用や学生の大手志向があるとみている。

 榎本豊・就職部長は「今春から既卒者用の求人情報もホームページで紹介しており、学生は最後まで支援する」と力を込める。

[2010年12月1日 読売新聞]

(引用ここまで)


長期的不況に加えての今後も続く気配の強いデフレ。
グローバル経済がどんどん進むことを考えれば、
この状況は大きく変わらないでしょう。


そして、円高をも背景にした、日本経済の先行き不透明感。


ここ数年採用を抑制された企業様などは
人手不足の問題も、間違いなく出てきているでしょうが、
それ以上に、今後の不安感が勝っているのが
経営者の心の内でしょうか。。。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

Copyright © 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



新卒採用動向・岡山 | 大卒内定率は統計史上最悪の41.3% 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる