新社会人の葛藤って??

先日、医療の現場に身を置く友人の女性から相談を受けました。

4月に社会人になってから、
ここまで思い悩み続けた半年間だったようです。

元々スラっとした女性なのに、この期間に体重は5キロも減り、
まさに精魂尽きそうなギリギリの状態。

ましてや人の命を扱う仕事。日々のプレッシャーは計り知れないものでしょう。

日々広がっていく仕事の幅。覚えたことを復習するための時間さえない。

しかし、彼女が最も悩んでいたところは「自分への劣等感」でした。

毎晩のように彼女の居残り仕事時間は同期の中でも一番長く、

先輩看護士からは冗談交じりの皮肉を言われることもしばしば。

これがこたえるそうです。

こうゆう心境時の憧れの先輩の仕事ぶりは、ひと際目立ちます。


「なんで自分は同期のみんなより、こうも仕事ができないんだろう?」

「このままずっとあの先輩のようにはなれないんじゃないか?」



「自分はこの仕事に向いてないんじゃないか?」


相談してもらった内容から、彼女の考えをこのように推測していました。

他人と比較して自分を評価する。

私たち学生なんかはこれを日常茶飯事していると思います。

私に限って言うと、この考え方しかできない大学生であったと思います。

でも、この思考の意味を考えてみると他人がいないと

評価の基準がなくなってしまうということになります。


次回、恥ずかしながら私の考えを書かせていただこうと思います。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング


Copyright © 2006 – 2010 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック