続 新社会人の葛藤って??~「なりたい自分」を考える~

画像
先週は友人の悩みから自己への評価のあり方を考えました。

そして、「自分の評価の仕方とは?」から「なりたい自分」を 追いかけてみました。

私自身の口癖のひとつに、
「いやいやあの人に比べれば自分はまだまだ・・・。」

というのがあります。ついつい言ってしまうコトバです。

人と比べての自己の評価。非常に簡単に判断できます。

しかし、個人としてはどうか?自分自身をちゃんと把握できているか?

「目指すべきものがはっきりと見えているか??」

「同僚のライバルを見つけ、尊敬する先輩からたくさんのことを学ぼう。」

これらは自分を磨くための大きな活力になります。大事です。
私は競争相手をこれからも置いて、成長を目指し続けます。

でも、それだけになってしまうとどうなるのでしょうか?不安になりました。

他人ばかり気にしていると、知らず知らずのうちに自分に対する絶対評価
が揺らぎ始める。

まず、本当に目指さなければならないものを見失いはじめる。

そんな気がしました。

「結局、自分はどう成長していきたいんだ?」

自分を磨き続けることに集中して、なりたい自分に近づこうとする。

その軸はブレないように気をつけないと・・・

自分が理想の自分に近づけているかどうかは昔の自分と
今の自分を比べればわかること。

「あの人より・・・。この人よりは・・・。」

こんな思考をしている段階では、アマちゃんなんだなと思います。

相対評価→自己への絶対評価へ。

どんな環境になっても「目指す自分」を見失わずに邁進します。

題名から大きく反れてしまいました。申し訳ございません。。。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング


Copyright © 2006 – 2010 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年09月26日 17:15
評価・目標、色々迷うことはあると思います。
迷うから人は成長するし、考えることをおぼえます。他人との相対評価、自分への絶対評価、どちらを良しとするかは各々の考え方で、場面によっても異なってくると思います。
上記とは少し異なりますが、個人的な意見としては「難しく考えすぎない方が良いかな」と、思います。
自己成長や目標のために、進んでいくことはもちろん大切です。でも、「成長のために」と考えすぎると、いつのまにか、仕事は成長のための単なるツールになってしまい、「楽しさ」を感じなくなってしまうんじゃないかと。あくまで「楽しく仕事をする」。これが一番大切なんじゃないかのかな、と私は思っています。
これからの人生の大半を占める仕事。どうせなら、楽しくやりたい!また、楽しさという要素は、成長を促進させる栄養剤。
悩むことも含めて、楽しんでください。
2006年09月26日 19:08
>ホリエさん
コメントありがとうございます。
勉強させていただきました。

「仕事を楽しむ」。
この意識はほとんど持ててなかったのかもしれません。というよりも、むしろ持つ余裕がなかったと言ったほうが正しいと思います。

自分を戒め続けることは難しい。
義務的になると行き詰まる。

肩に力が入っていたのは確かです。。
お恥ずかしい・・・笑

仕事をする上で楽しいと思うツボをどんどん発掘していきたいと思います。

ありがとうございます。

この記事へのトラックバック