「各国の転職状況」について。~新卒採用内定者も転職を考える?~

新卒採用だけでなく、今のうちから中途採用も勉強しなければ!

そうでなければ、組織・人事コンサルタントには近づけません。


去年の今頃、私はドイツに留学している真っ最中でした。

26歳くらいまでかけて、大学院に行き、博士号をとってから就職。

そういった友人は珍しくありませんでした。

ドイツでは日本以上に、「肩書き」が重要と感じさせられます。

画像

ドイツにも日本の「美徳」に似た部分があるようです。


例えば、

「勤続30年、同じ会社に奉公し続け、記念に銀の皿などを

ボスから授けられて私は心から誇りに思う。」


こういったドイツのビジネスマンの意識もまだまだ実際にあるそうです。

普段は一見、クール度満点のドイツ人にも、そうゆう熱い「情」

があることに少しビックリしました。(考えたらそりゃそうですよね。)


「社会を知らない若者が何十年も働けることができる

自分の職場を必死に考えて決める。

そしてその決断には責任を持たなければならない。」



「自ら選んだ企業なのだから、

そう易々と転職というわけにはいかん!」


そういった思考が働いているのでしょうか。


キャリアや高収入、好条件、そして自分の生活にもっと合う

条件を探して、一般的に人々は転職を繰り返します。


今後、壊れていくといわれている「終身雇用制度」

次回はしっかりドイツの労働問題なども盛り込ませていただいて、

終身雇用制と転職の関係性について考えたいと思います。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング


Copyright © 2006 – 2010 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック