続・ディープインパクト敗戦・凱旋門賞・ベストプラクティスを考える~一競馬関係者の戯言~

かなりガッカリされた方も多いのではないでしょうか。

画像

何が敗因だったのか。いろいろ言われていますが、

私が思う最も大きな要因。

「ディープインパクト陣営のサポート体制の甘さ」

これが大きな敗因だと考えます。

欧州馬以外が凱旋門賞を勝ったことは未だかつて一度もありません。

欧州競馬は並びあってからゴールまでの我慢比べ。

抜かれようものなら馬をぶつけていってまででも抜かせない。

パワー、勝負根性などのタフさが日本以上に求められます。

凱旋門賞は欧州一の馬を決めるものですから、これらは必須条件。

日本一とはいえ、ディープインパクトに欧州競馬の感触を確かめさせる

必要性があったのは確かです。

しかし、海外の経験豊富はなずの金持ちオーナー、調教師、J○A。

彼らはディープインパクトの能力に頼りすぎていたのかもしれません。

画像
この馬はエルコンドルパサーといいます。

日本調教馬としては最高成績の凱旋門賞2着という結果を残しています。

同じ環境下にある馬としては最良の事例といえると思います。

この馬がなぜ、史上最強といわれるディープインパクトよりも

好成績を残せたのか。次回そのへんもふくめて書かせていただきます。


前回の応援日記、今回の話と競馬の話ばかりで申し訳ございません^^;

次回はもうすこし「インターン日記」らしいものを書かせていただきます(汗)


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング


Copyright © 2006 – 2010 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved