「京都&大阪!」について。京都観光ブームを京都新聞記事から。

京都観光の記事を京都新聞からご紹介。


HPからおこしやす
JTB西日本 京観光サイトを開設


JTB西日本は京都観光専門のホームページ(HP)
「京都おこしやす.com(ドットコム)」を16日から開設する。

独自の体験学習型ツアーや高級旅館、ハイヤー観光などの
紹介・予約をメーンに据え、多様化する旅行形態に合わせた
京都情報の発信を目指す。

同社では昨年、京都での体験学習型旅行プランを設定した
ところ、下半期の京都旅行客数が前年同期比10%増加。

また質の高い旅行を求める傾向が強まっていることなども受け、
京都に特化したHPを立ち上げることにした。

大手旅行会社が、一つの地域の専門サイトを作るのは、
初めてという。

学ぶ、泊まるなど5項目に分けプランや施設を紹介。
「学ぶ」では、京都市などが展開する「京都おこしやす大学」
認定プランを含む33プランを掲載。

「泊まる」「食す」「巡る」ではそれぞれ31の宿泊施設、34の
飲食店、ハイヤー観光を写真やコメントで紹介し、「観る」では
同社が選んだ隠れ名所やイベント情報などを掲載する。
                                                                                 [京都新聞 電子版]

画像

京都に住み、京都駅を使い、京都市バスに乗り、京都府の大学に
通う私ですが、最近の京都観光ブームには驚かされます。


質の高い旅行をするという志向から、京都が浮かび上がってくる。
「京都」というブランド力の高さは京都に住む私でも感じるところです。


宮城から来ている大学の私の友人も、
「京都の古着は古着ではない値段だよね~」といいます。


古着にかぎらず、確かに同じ品物、サービスを買うだけでも、
大阪より京都のほうが相当高いような・・・(笑)


京都のとある大学は数年前から、受験者数の減少に頭を悩まされて
いたそうなんですが、大学名の頭に「京都」をくっつけて、
京都○○大学と改名したら、受験者数が再び増加した
そうです。
(ス、スゴイ・・・。)


とはいえ、京都が日本のあちこちのみなさんから慕われている
ことは非常に嬉しく思っています。


今、京都に住めていることをありがたく思わないといけません。
電車とバスを乗り継げば、毎日のように京都観光できるんですから。


京都のいろんなところを観てきましたが、まだまだ勉強不足。
もう一度、お気に入りの京都スポット見つけに行きたいと思います。


今、思いつくところでのおすすめは、
早朝、霧掛かった中を掃除されている修行僧と南禅寺の光景。


みなさんも機会があればぜひ、ご覧になりに行ってください。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング


Copyright © 2006 – 2010 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月09日 22:40
京都、超よかったよ!
いのしーのお勧めに知恩院、
かなりよかったし★
2006年11月10日 13:41
>ワカコ
コメントありがとう。
知恩院高校で行ったのが最後なので、
もう一度いってきます!
心を洗われてきます。笑
ひよどり
2006年11月10日 22:44
 私は京都に行くときは京阪か阪急を使うのですが、なぜか京阪や阪急の駅からは京都駅には行きにくい。
 大学一年の時、修学院離宮道に住んでいましたが、日曜日には歩いて四条河原町まで往復したりしていました。
 その頃には、もちろん地下鉄はまだなくて地下を通っているのは四条通の阪急だけでした。最近、東京の地下鉄をメトロといっているみたいですが、メトロというのはもとはパリの地下鉄のことです。フランス語の時間にフランス人の先生が阪急はメトロじゃないよねーなんていっておられたことをおもいだします。
2006年11月10日 22:56
>ひよどりさん

コメント誠にありがとうございます。
そうなんですよね。京都駅と京阪、阪急の接続はあまりにも不便。
 京都の寺めぐりなんかは京都駅周辺には用なしになるのでいいんですけどね。笑 
ひよどり
2006年11月10日 22:57
 なんやこの人、男の人か。とても野暮なことをしてしまったようですが、まあ大学の先生みたいなものだと思って許してください。

この記事へのトラックバック

  • 大阪 奥水間温泉

    Excerpt: 知る人ぞ知る大阪の奥水間温泉は、大阪から50分の別世界を生み出しています。お風呂は純重曹泉の天然温泉で、「美人の湯」としても評判でお肌がしっとりとします。奥水間温泉の夏の季節は新緑、紫陽花、ホタルが楽.. Weblog: 大阪温泉旅館ナビ racked: 2008-07-12 15:06