「価格カルテル・国際カルテルとは?」~【Kartell】という言葉の意味について~

価格カルテル・国際カルテルとは?
朝の新聞の1面記事に大きく載っていたので、思わず調べました。


カルテル(ドイツ語 Kartell)

カルテルとは、同種もしくは類似の産業部門に属する複数の企業が、相互の独立を維持しながら、市場を支配するために共同行為を行うこと。企業協定を結ぶこともある。独占禁止法により原則として禁止。企業連合という意味も。

画像
※イメージではこんな感じかと(笑)

聞いたことがあるなと思っていたら、やっぱりドイツ語でした。
学生組合連合なんかの意味でもドイツでは使われていたはずです。


フランス語でもこの【Kartell】という言葉はあるようで、政治用語として
「選挙戦などでの政党間連合」という意味があるようです。


現在、日本で使われる「カルテル」という言葉の意味はドイツ語でも
勿論ふくまれています。ドイツ語・フランス語・日本語ともに、「連合」
という大きな意味では、括ることができるんですが、言葉の歴史を
たどると多種多様なニュアンスの違いが見えてくることに対して、
個人的には、あらためて面白みを感じるところでした。


欧州の言語をここまで多量に取り込んでいる言語、日本語。
日本語とは本当に興味深い言語と思う、今日のひとりごとでした・・。



※ちなみに「朝の新聞の1面記事」のニュースとは下記のもの。
日・韓メーカーなどに調査 国際カルテルか

薄型テレビやパソコンなどに使われる液晶パネルをめぐって、日本や韓国などの主要メーカーが国際的なカルテルを結んでいた疑いがあるとして、日本と韓国の公正取引委員会とアメリカの司法当局が一斉に調査に乗り出した。
 対象となっているのは日本の約10社と韓国と台湾の主要メーカーで、価格と出荷量を談合した独占禁止法に違反する疑いがあるとして調べているもの。

 国内では、「シャープ」や「セイコーエプソン」などに日本の公正取引委員会からは販売状況の報告を求める質問状が、また、アメリカの司法省からも同じく書類での報告を請求する召喚状が届いたという。

 これに対し、シャープは「液晶業界は激しい競争下にあり、カルテル行為が行われる状況とは異なる」とコメントしている。

 一方、韓国では、世界シェアトップの「LGフィリップス」や「サムスン」などに対しても調査が始まっている。

[日テレNEWS24]


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング


Copyright © 2006 – 2010 新卒採用コンサルティング 【組織人事の今】 All rights reserved

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月13日 14:25
写真がいいねぇ。。。(笑)
2006年12月13日 14:27
>だいはつさん

「越後屋~」というイメージで(笑)
ayu
2006年12月13日 23:40
はじめまして★いつも勉強させていただいてます!!
そして私もインターンしてます!!
そしてブログ書いているのでよかったらみてください♪
http://www.opus-net.co.jp/okada/
2006年12月14日 01:08
>ayuさん

コメントありがとうございます。
同じインターン生として頑張っていきましょうね。私もayuさんに負けないよう、このブログを充実させていきたいと思います。

この記事へのトラックバック