【新卒採用アウトソーシング】 採用におけるアウトソーシングの持つ意味について

新卒採用アウトソーシングの存在意義とは。
新卒者を採用する際、アウトソーシングという
手法を選択する企業が目立つようになっています。

【アウトソーシングとは】

アウトソーシングとは、コスト削減や
コアビジネスに集中する為に専門的
能力・ノウハウを持った会社に外注すること。
業務変革の一助を担うこと。

画像


企業が自社の業務を専門の会社に
外部委託し、社内資源をコアビジネスに
集中すべきであるという考え方に基づいてます。


アウトソーシングを活用することにより、
企業が開かれたネットワーク組織に変わり、
コスト削減、競争力強化につながる効果があります。


新卒採用のアウトソーシングにおいても、しかり。


企業の新卒採用活動が成功するために
採用アウトソーシングというサービスがあります。

クライアントが立案・制作した
採用計画の通りに進むようバックアップします。


新卒採用成功という明確な目標の達成に
向けて、一時的に集中して発生する煩雑業務に
備えてアウトソーシングという対策が求められます。

画像

学生の目に触れる部分、触れない部分を
きっちりと区別し、さらに事務的作業を細分化して
アウトソースすべき範囲だけを委託するという方法。


新卒採用のコア業務は「学生と接する時間」ですからね。


しかし、外部機関の選定の際には注意が必要。


アウトソーシング会社を選び間違えると、
かえってコスト増をもたらしたりする恐れもあります。

アウトソーシングしてもらう範囲を明確に。
業務委託範囲を明文化しておく必要もあります。


新卒採用におけるコスト削減の手法。
新卒採用におけるコア業務集中の為の委託。



採用における専門的能力・ノウハウを
持った採用アウトソーシング会社の選定が
新卒採用の成功への近道といえるかもしれません。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング


Copyright © 2006 – 2010 新卒採用コンサルティング 【組織人事の今】 All rights reserved