新入社員研修→本物の新卒社員へ

当社の新入社員研修が非常に充実した
内容でクライアントにも、その中身の部分を
詳しく聞かれたりするほどになってきています。


企業が新入社員研修をする目的は
まさにこれこそ企業によってさまざまです。

大手企業などは学生上がりの新入社員が
ビジネス社会という新しい環境に無理なく順応
できるように、スロースタート策として用いてます。


しかし当社のようなベンチャー企業は
そんな悠長なことなんて言ってられません。

即戦力として期待されている新入社員は
自律型人材の意識を、再度徹底させられます。


・共有されるべきビジョン。
・非効率な仕事の進め方。
・未だ発揮されてない能力。
・主体性を持つための意識改革。



知識やスキルの習得だけでは
これからのビジネス社会では確実に
勝ち抜いていくことは不可能ですからね。

画像


知識やスキルを習得するのは最低ライン。
その吸収したものをいかに現場で活用できるか。

それが新入社員研修後に訪れる
最初の壁だと私自身は感じています。


ビジネスの現場での具体的な行動計画。
どれだけ計画に具体性を持たせ、どれだけ実現が
イメージできるほど現実味溢れる内容に作りこめるか。


ビジネス世界で最も基本となる
成果を実現するまでの具体性溢れる
行動変革が大きな差を生むと思います。


社内をかき回すカンフル剤として。


本物の新卒社員として、
これからがまさに本番です。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング


Copyright © 2006 – 2010 新卒採用コンサルティング 【組織人事の今】 All rights reserved

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック