【偉人の格言・名言集】 岡本太郎氏の格言

私は、人生の岐路に立った時、

いつも困難なほうの道を選んできた。

岡本太郎


画像


私の尊敬する企業経営者はこう言います。


「なぜ皆難しい仕事に喜んで取り組まないのか?」


難解な仕事を達成したときの充実感は
難解な仕事を達成しないと得られないもの。

その充実感、達成感を得られる
またとないチャンスを多くの人は嫌がります。

大きな自己成長のためには
誰でも簡単に出来てしまう仕事では
決して満足のいく能力向上にはつながりません。


自分の力で何か大きなことを
成し遂げるまでに、人並み外れた経験、
誰も取り組もうとしない仕事に自ら積極的に
トライしていくという地道な努力が必要になるはず。


「泥臭く、忍耐強く」を忘れぬよう心がけます。


【岡本 太郎】
(1911年2月26日 - 1996年1月7日)

日本の芸術家。

「芸術は爆発だ」 「芸術は呪術だ」
「グラスの底に顔があっても良いじゃないか」

などの名言を残した。

1970年に開かれた大阪の万国博覧会の
シンボル「太陽の塔」を作ったことでも知られる。
没後は住居・アトリエ跡に岡本太郎記念館が設立された。

今日の芸術は、
うまくあってはならない。
きれいであってはならない。
ここちよくあってはならない。

と、私は宣言します。それが芸術における根本条件である、
と確信するからです。
----『今日の芸術』1954年刊行 より

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング


Copyright © 2006 – 2010 採用コンサルティング 【組織人事の今】 All rights reserved

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック