内定礼状か内定辞退の手紙か

超売り手市場になった08新卒採用戦線。
内定の早期化が進んだのは人事の方もご存知の通り。
就活生が内定を早くもらうことで、新たな問題が出ています。


「この会社に決めたけど、本当によかったのか・・・」


いわゆる内定ブルー
引き起こす可能性が高いです。


企業人事は、内定者たちと入社までの間、
こまめにコミュニケーションを取る必要性があり、
内定者フォローは必須の採用活動過程となります。


企業の内定辞退対策として、内定者SNS
(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が
新卒採用市場において、注目されていることは
以前もお伝えした通りで、ツールとしても定着しました。


こんな記事も出ています。
もう多くの企業で導入していただいてるんですが・・・。


(以下、引用)

スタッフサービス、内定者専用のSNS導入

 人材派遣大手のスタッフサービス・ホールディングス(東京・千代田、藤木努社長)は2008年3月卒の新卒採用から同社内定者を対象にソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を始める。

 複数の内定を持つ学生が増えており、ネット交流で内定者間の仲間意識を強めることで内定辞退を食い止める。対象は220人程度の内定者で、入社数では前年比12%増の100人程度を見込む。

[6月17日/日本経済新聞 朝刊]


(引用ここまで)

画像


上記の記事は大手企業のものですが、
内定辞退対策・内定者SNSは何も大手だけ
の施策では決してなく、中堅・ベンチャー企業にも、
内定者とのコミュニケーションツールとして必要でしょう。


一般に中堅・ベンチャー企業の場合、
5月下旬頃に新卒学生に内定出しをはじめます。

となると、中堅企業は6月頃以降から
内定者をつなぎ止める業務が発生します。


新卒採用の採用人数も少ないため、
経営陣をはじめ、現場スタッフをふくめた
全社を上げての内定者交流の取り組みが重要。


中堅・ベンチャー企業様向けに、低価格で
ご提供できる内定者フォローツールも提案可能です。


内定辞退の手紙ではなく、内定礼状を
人事の方には受け取っていただきたいですね。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング


Copyright © 2006 - 2009 採用コンサルティング 【組織人事の今】 All rights reserved

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック