【2009新卒採用動向】 売り手市場→青田買い市場へ

前回からだいぶ間が空いてしまいました。
インターンシップと新卒採用の関連性について
前回少し、したためさせていただきましたが、
今回も同様、インターンシップ関連の話です。


まずは、下記記事はご存知でしょうか。


(以下、引用)

夏の就業体験で学生囲い込み――1日完結で大量動員

 企業が夏休み中の学生に就業機会を提供、会社への理解を深めてもらおうと実施してきたインターンシップ制度が実質的な「青田買い」の場となりつつある。従来は1―2週間かけるのが主流だったが、1日完結型の「短期コース」で大量動員をめざす企業が増えている。1人でも多くの学生と接触し来春の新卒採用を有利に進める狙い。学生の職業観をはぐくむという本来の趣旨が薄れることを懸念する声も出ている。

 異業種企業と短期型のインターンシップを共催することで、公募規模を前年の約1.6倍の1000人(単独開催との合計)に増やすのはカード大手のジェーシービー(JCB)。4日にTOTOと実施したのを皮切りに、UCC上島珈琲や日本公文教育研究会(大阪市)などとの共催を計画している。バンダイも1日完結型の募集規模を今年は5倍の1500人に拡大。新型プラモデルを開発した若手社員などを講師に玩具企画の面白さなどを広く学生に印象づける。

[8月16日/日本経済新聞 朝刊]


(引用ここまで)

画像



大学を卒業した新卒者が会社に
入社すると3年以内に3割が退職します。


新卒者と企業のミスマッチが
問題となっている昨今において、
インターンシップは在学中に社会を
体験できることから、その解消に役立つはず。


しかし、今やインターンシップは
企業側からの囲い込みアプローチ手法です。


企業側からしてみれば、インターンシップで、
社員として雇用する前に、働きぶりを判断できる
ため、確度の高い採用が行なえるメリットがあります。

そして優秀な学生、意識の高い学生を
発見できるかなり効果的な施策ともいえますが・・・。



う~ん・・・・・。
学生のためになるはずの
インターンシップからは脱線中か・・・。


学生に立場になったとき、
あまり意味のない内容も多くありそうですね。


-------------------------------------------------
HRアソシエ/人事採用コンサルタント

新卒採用コンサルティング新卒採用アウトソーシング
人材育成・教育研修新卒採用代行
-------------------------------------------------
インターンシップ企画運営
面接官研修リクルーター研修
内定者研修新入社員研修
-------------------------------------------------

↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

採用支援研究室/大阪支社 採用アウトソーシング採用代行支援エリア】
[関西地方] 大阪/京都/兵庫(神戸)/滋賀/和歌山/奈良 [東海地方] 愛知(名古屋)/三重/長野/岐阜/静岡 [北陸地方] 福井/富山/石川 [中国地方] 岡山/広島/山口/鳥取/島根 [四国地方] 香川(高松)/愛媛(松山)/徳島/高知 [九州地方] 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄(那覇)


Copyright © 2006 – 2011 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック