2010年新卒採用 | 採用ブランディングはインターンシップから

2010年新卒採用も各社戦略を練りながら既に水面下で
我々のような、人材採用コンサルティング会社から
情報を集めてきていらっしゃいます。


年々早期化の進む採用活動。


その中で、早期に学生の認知を高め母集団形成に
繋げようと、インターンシップを活用する
企業が、大変増えています。


しかし、実情を見てみるとインターンシップ先や
その業界に就職した学生の割合は、ほんのわずか。


では、だからといってインターンシップを
採用活動に効果的につなげる方法はないのでしょうか。


その問いかけに対する一つの解が、
「採用ブランディング」の向上と言えるでしょう。



インターンシップの実施によって、企業の認知度を高める。
そしてインターンシップに参加した学生をインフルエンサー・
エバンジェリスト化させることで、クチコミによる
「仮想的ファン」の創造をはかる。


それがつまり採用活動における
ブランディング向上の連鎖的効果をもたらし、
母集団形成力が高まる。


いまや、新卒採用を筆頭に採用活動はマーケティングそのもの。
また来年も、「ゼロ」からの母集団形成を実施しますか?


それではあまりにも苦しい状況を生み出してしまう。
是非とも、綿密な戦略立案をおすすめいたします。


多くの企業様のご要望により、この採用ブランディングに
関するセミナーを開催することが決定しました。


2010年度採用、また「ゼロ」からはじめますか?

それとも、「採用ブランド」を高め、学生が勝手に
エントリーしてくる「仕掛け」を作りますか?


売り手市場の進む新卒採用マーケットにおいて、
早期化・長期化にお悩みの企業人事の皆様に
ご参加いただきたい「ストック型採用」の秘訣をお教えします。


是非、この機会をご活用ください。

▼ 「採用ブランディング」という考え方

   ・ 学生認知度、いかにして高めるか
   ・ 学生が、学生を呼ぶ
   ・ 効果的なクチコミ促進法

▼ インターンシップの現状と課題

   ・ インターンシップ人口の変遷
   ・ インターンシップ受入れ企業の増加
   ・ 採用に対するインターンシップの効果

▼ インターンシップによって高める「採用ブランンディング」

   ・ インターンシップ実施前の期待感醸成
   ・ クチコミが広がるインターンシッププログラムとは
   ・ インターンシップを母集団形成に繋げる方法



↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック