京都 嵐山にて感じた京都ブランド・都市格

今日は仕事で京都・嵐山に行ってきました。
多くの観光客で賑わい、風情ある風景と
京都嵐山の町並みにしっかり癒されてきました。


京都・嵐山にて感じたのが、京都というブランドの力。
観光地として、日本一の京都が現在のように
構成されるようになるまでには、
数々のブランディング戦略が実行されてきたのかと思うと、
非常にワクワクし、興味深く町並みを見るようになりました。


歴史的な文化財が多い京都ですが、
決してそれだけではない「雰囲気」での
ブランド力が人々を惹きつけるように思います。


京都の南に位置する奈良県だって、
素晴らしい建造物の数々。
(私は幼少時代は奈良で育ったので奈良が大好き)


それなのに奈良の観光ブランドは、
京都に大きく遅れをとっています。

画像


なぜなのか?


・交通アクセスの利便性
・国内外に対する積極的なメディア露出
・目玉となるような行事の話題性
・宿泊施設のバリエーション
・お土産物の充実 etc・・・。


さまざまな要因が考えられると思いますが、
京都に習うものが多くあるように感じます。


京都では守るべきものを守りながら
創造性に溢れた活動を続け、京都ブランドの
イメージアップや京都の都市格向上に、これからも
成果をあげている事例が多く作られていくでしょう。


人材コンサルティング・人事採用コンサルティングに
関わるものとして、人の「興味・注目・関心」を
確実に捉えていかないと・・・。


何か仕事なのに、すごく頭も心もリフレッシュできた
土曜日で、ありました。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック