就職協定と倫理憲章について | 新卒採用コンサルティング視点

2010年新卒採用、各企業活動を本格化させています。
今日は、新卒採用コンサルティング視点から就職協定と
倫理憲章という切り口から、新卒採用の今を考えます。


倫理憲章は、正式には
「新規学卒者の採用・選考に関する倫理憲章」。


「就職協定」に代わるものとして日本経団連が中心になって
定めた新卒者の採用活動に関するガイドラインです。

画像



1997年に就職協定が廃止されたことから、企業に対して、
正常な学校教育と学習環境の確保に協力し、
秩序ある就職・採用活動を実現するよう求める
「新規学卒者の採用選考に関する企業の倫理憲章」
(通称:倫理憲章)を、日本経団連が毎年定めて発表しています。


「4月1日までは採用選考を行わないこと」
などが盛り込まれています。


倫理憲章とは、就職協定の廃止による新卒採用の早期化、
それによる学業への悪影響などの防止を目的としたものですが、
現在賛同している企業は日本経団連に所属する企業のうちの
800社ほどであり、具体的な罰則規定などは設けられていません。


大企業に比べ採用力の劣る企業は、
意図的に4月までに採用活動を終了させる
ケースもあるというのが現状です。


採用・就職活動のこれ以上の早期化は、
企業にとっても学生にとっても望ましいものではない。



しかし果たして、採用・就職活動に一定のルールや
パターンができ、早期化にクギをさすことができるのか。。。


これは我々にもわかりません。


ただ、新卒採用に関わりながら、
新卒採用コンサルティング・新卒採用アウトソーシングなどの
サービスを提供している会社の一員である以上、
真剣に考える時間を設けないといけません。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック