地方採用支援 | イオン北海道の2010年新卒採用動向

地方採用支援 | イオン北海道の2010年新卒採用動向。
地域経済の動向をつかむ指標として雇用状況を
見ることが最近の傾向としてありますが、
今回は北海道の経済情勢について。


インパクトのある企業ですので、
多くのニュースにも取り上げられています。

ご参照ください。


(以下、引用)
イオン北海道、10年新卒採用を凍結 道内雇用の厳しさ増す

 道内の雇用情勢が、厳しさを増している。イオン北海道は個人消費の低迷を受け、2010年4月の新卒採用を凍結。トヨタ自動車北海道(苫小牧市)は工場休止を今月に続き、来年1月下旬にも実施する。有効求人倍率や新規求人数など雇用統計でも悪化が鮮明となってきた。

 イオン北海道は08年春に新卒約80人を採用し、09年春も50人弱(11月時点)の採用を内定する。しかし、景気の先行き不安から消費者が節約志向を強め、郊外型の総合スーパー(GMS)が低迷。再来年春の新卒採用は見送り、イオン本体の出向社員の活用や、人員配置の効率化で対応する方針だ。

 同じイオングループの食品スーパー、マックスバリュ北海道も新卒採用は5人程度に絞る方針。大量採用してきたイオン系の絞り込みで、道内学生の就職活動は一段と厳しくなりそうだ。

 イオン北海道は07年8月、旧ポスフールが道内のイオン直営11店の営業を引き継ぎ発足。ピーク時に約500人だったイオン本体の出向社員は、当初は3年程度で大幅に縮小し、新卒採用などで補う計画だった。

(12/25 日本経済新聞)

(引用ここまで)

・北海道 北海道新聞
・東北 河北新報
・甲信越 新潟日報 信濃毎日新聞
・北陸 北國新聞
・中部 静岡新聞 中日新聞
・近畿 京都新聞 神戸新聞
・中国 山陽新聞 中國新聞
・四国 四國新聞
・九州・沖縄 西日本新聞 南日本新聞



これは、私が定期的に購読をさせていただいている
地方新聞。地方紙から新卒採用動向や
人材面での情報を汲み取っていくためです。


景気の動向で、少し消極的な企業が増えたとはいえ、
優秀な学生の採用というカテゴリーにおいては
過熱化を続ける新卒採用マーケット。


新卒採用活動の成功には「地方での採用」の検討が
ひとつのポイントになってきているのも事実。


優秀な学生を採用するため、
新卒採用戦略の成功確率を限りなく
高いものにしていくためには全国の
新卒採用市場・動向を押さえる必要があります。


「生の情報」を渇望している学生にとっては、
地方での合同説明会などの参加は必須と
なっているケースが多いので、
是非ご相談くださいませ。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック