求める人物像 | 外資系企業の求める人材とは?

○チャレンジ精神を持ち、仕事にオーナーシップを発揮できる人

○当たり前のことが当たり前以上に出来る。いわゆる「仕事の出来る」人

○イエスマンではなく。自分の頭で考えて物事をクリエイトできる人

○人間としてのバランスが取れておいて。良識を備えた「本物」の人

○結果に対してコミットメントを持つ責任感の強い人

○チームワークが組め、フレキシビティがあり、相手の気持ちがわかる人

○日本的なバランス感覚と外資系的なビジネス感覚をあわせ持つ人

画像


○個人として高いスキルを持つ、プロフェッショナリティの高い人

○チャレンジ精神があり、結果としての数字に責任がもてる人

○指示待ち型ではなく、アグレッシブにどんどん仕事を進める人

○いろんなことに興味を持って自分を試し、結果を出せる人

○職種に関係なく、自分を売り込み印象を残すことの出来る人

○チャレンジ精神旺盛で、ビジネス環境の変化に対応できる人

○企画力があり、結果に言い訳をせず、プラス思考で物事を作り上げて行ける人

○数字での実績を楽しみながら、ビジネスのパフォーマンスを上げられる人



10年ほど前のType 1998年1月20日号の記事から。
外資系企業(コンサルティング、システム、ソフトなど)
5社の会社代表の求める人材像は上記のようになっていました。


自分の仕事の結果に責任をもち、自分の力を現状で
満足せずに伸ばしていこうとするマインドをもった人材。
まさにすべての企業から必要とされる人材かもしれません。


我々のような人材コンサルティング・人材採用コンサルティング会社の
求める人物像の抽出を行いますと、上記のようなキーワードに
行き着いていきますね。ポータブルスキルの重要性を
このブログを書きながら、強く感じました。

↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック