阪神大震災から14年 | 関西人(奈良→京都→大阪)として

早いもので阪神淡路大震災から明日で14年。
死者 6,434名、行方不明者3名、負傷者43,792名の
無残なまでの人的被害を出した、大災害でした。


私は当時、奈良県奈良市に住んでおりましたので
震度は4強でした。それでも本当に怖かった。
自然の本能なのか、地震が来る15分くらいに
目が覚めたので、揺れをはっきりと覚えています。


もう今の小学生は全く、あの大震災を知りません。
小学校の授業でも、ピンとこない内容に
聞こえてしまっているかもしれません。

画像


14年前の当時、阪神大震災後に大阪の地元小学生達
10人ほどが、背中にいっぱいの荷物を背負って
大阪市内から被災地まで歩いて行ったそうです。


そのまますぐに荷物だけ置いて帰ってきたそうですが、
その後学校を挙げて保護者を含め、行ける人たちで
物資を運んだという話を聞きました。


阪神淡路大震災を忘れずに、関西人として
ちゃんとあの時のことをしっかり話せるように
明日は少し、早起きをしてみようと思います。


阪神・淡路大震災とは

阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい、
英称:Great Hanshin-Awaji Earthquake)は、1995年
(平成7年)1月17日火曜日の兵庫県南部地震によって
発生した大規模災害である。

「阪神・淡路大震災」は、政府により閣議了承された名称である。

1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒、淡路島北部
(北緯34度35.9分、東経135度2.1分、深さ16km)を震源として
発生したM7.3[1]の兵庫県南部地震は、淡路島や阪神間
(神戸・芦屋・西宮・宝塚・尼崎・伊丹・豊中・川西・池田など)、
あるいは、東播磨地方(明石・三木など)の兵庫県を
中心に大きな被害をもたらした。
特に、神戸市市街地は壊滅状態に陥った。

地震による揺れは、阪神間及び淡路島の一部において
震度7が適用されたほか、東は小名浜、西は佐世保、北は新潟、
南は鹿児島までの広い範囲で有感(震度1以上)となり、
福井地震を上回る、戦後日本で最大最悪・未曾有の震災となった。

この地震はまた、初めて震度7が適用された地震である上に、
実地検分によって震度7が適用された最初で最後の地震でもある。

近畿地方では、1927年の「北丹後地震」を超える死者となった。
被害の特徴としては、都市の直下で起こった地震による
災害であるということが挙げられる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 阪神・淡路大震災 あの時から14年が経った(1)

    Excerpt: 最初に言っておくが私は被災者ではない。地震発生3日後にボランティアとして現地へ乗り込んで行った際のことを思い出すままに記載したい。 当時被災状況というのは何も分からず、ボランティアへ行くにもどうやっ.. Weblog: Crossover racked: 2009-01-18 04:45