JR西日本、1300人の新卒採用計画は過去最大規模

新卒採用ニュース。JR西日本、1300人の新卒採用計画は
過去最大規模だそうです。インフラ産業の雇用は
非常にこの時代でも期待されますね。


(以下、引用)
JR西日本、来春1300人採用 安全向上で過去最大規模

JR西日本は30日、平成22年春に入社予定の社員を、今春なみの計1300人採用すると発表した。17年4月のJR福知山線脱線事故の教訓から安全性向上にさらに力を入れるため、過去最大規模で人材確保に取り組む。非正規社員の契約打ち切りや正社員の削減が相次ぐ中で、積極的な採用姿勢は雇用の受け皿として期待が高まりそうだ。

 22年度の採用では、大学などの新卒者を対象とした総合職に、初めて転勤地域を近畿、福岡など各ブロック内に限定する「エリアコース」を導入する。総合職は約200人で、このうちエリアコースは約130人。転勤地域が限定されないコースは約70人となる。

 また契約社員や経験のある既卒者を対象に、約270人を正社員に採用する。運転士をはじめ運輸、技術部門の現業に就く「プロフェッショナル」は、新卒、既卒者を合わせて約830人となる。

画像


 同社の今春の採用者数は20年度に比べて244人多い1340人。新卒1050人に加えて、契約社員から170人を正社員に採用したほか、大学卒業後1年以内の再就職組である第二新卒や経験者の中途採用なも含む。

 JR西日本は、17年4月のJR福知山線脱線事故で、運転士など現場の声が経営幹部に届かない企業体質が問題視され、財界人などで組織された「変革推進会議」(委員長・野村明雄大阪ガス会長)が現場重視の体制づくりを迫る報告書を同社に提出していた。

これを受けてJR西日本の山崎正夫社長も安全を最優先する企業風土の構築を宣言。「指示待ちでなく、自ら行動する社員づくりをしていきたい」と平成18年春以降、それまで年間700人台だった採用数を1000人程度に拡大、今春からさらに拡大した。

 JR各社では、JR東海が今春、前年より169人多い1025人を採用するほか、JR東日本の採用も中途採用を含めて約1700人(うち新卒採用1365人)になる見通しで、22年度も高水準を維持するとみられる。

 JR西日本は「安全性向上に向け、今後も人材確保には積極的に取り組みたい」と説明している

[2009.1.30 23:37 MSN産経ニュース]
(引用ここまで)


2008年新卒採用も、2007年問題を意識してか、
JR3社が相次いで2008年度の採用計画を発表し、
新規採用を大幅に増やす計画を打ち出してました。


強し、JR。その一言です。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック