採用代行の導入 | 採用アウトソーシング浸透の背景

採用代行の発展 | 採用アウトソーシングの歴史。
2000年前後は採用業務をアウトソースするのは
大企業と外資系企業が中心でしたが、今では
全国幅広い企業様が利用されるようになりました。


現在、採用代行・採用アウトソーシングで
就職サイトの運用管理や学生のデータ管理、
また電話などでの連絡・調整業務は極力外部に
委託をするという傾向が強まっています。


その背景としては・・・


・新卒採用は一時期に業務が集中する傾向がある
・新卒採用の過熱化により、活動終了時期がみえにくい
・採用担当者の工数は、学生と会う時間を優先したい
・採用アウトソーシング価格の適正化が進んできた


といったことが挙げられます。
とはいえ、採用アウトソーシングの質を
委託前に判断することは非常に困難なため、
採用アウトソーシングに対する評価は、一社目の
採用支援スキルによって大きく変わってしまっています。


世界的規模で採用代行・採用アウトソーシング
発展の歴史を振り返ってみました。


およそ1950年代までさかのぼれるそうです。


米国で金融機関の事務代行サービスや
会計事務代行サービスを利用していた顧客の
ニーズが発展し、給与計算事務、福利厚生事務、
さらに採用事務代行サービスまで発展したのが
その原型と言われてるようですね。

画像



1980年代に入ると、グローバル企業を中心とした大企業が、
より効率の良い経営を求めて、間接部門の合理化を検討し、
その一環として、人事採用業務サ一ビスのアウトソースを
加速させるようになりました。1990年ごろには、
複数の大手サービス企業がITシステムと
高速通信インフラを利用して高度な
組織人事サービスを展開していきます。


現在、最大手の企業などでは2万人近い
スタッフを擁して、採用代行・採用アウトソーシング
サービスを世界数十カ国に展開しているところもあります。


採用代行・採用アウトソーシングの今後は、
どうなっていくのでしょうか?


浸透度はどこまで広がっていくのでしょうか。
いえる事は間違いなく、企業運営がこの世界で
行なわれ続ける限り、ニーズは絶えないということでしょうか。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック