新卒採用動向・2010年 | 大企業の採用意欲

新卒採用動向・2010年 | 大企業の採用意欲。
新卒採用は、昨今では安定的・定期的な
人材確保の施策という観点で見られてきましたが、
今年度は直近の経営状態を考えると、大手企業の
多くも新卒採用数を大幅に減らす動きが顕著に見えます。


多くの業界に圧倒的なシェアを持っている会社などが
存在していますが、2位以下の会社は、そのシェアを
切迫されられるチャンスとして、新卒採用を捉えて
いたりすることもあるのですが、そんな話もなく・・・。
※この事例は私の実体験からです。


以下のニュース、ご参照ください。
2010年春の大企業の新卒採用意欲、
確実に後退という認識で間違いないと思います。


(以下、引用)
採用意欲、急速に後退=大企業、来春「減らす」が増加-時事通信調べ

 不況が深刻化する中、2010年春の大企業の新卒採用意欲が急速に後退していることが15日までの時事通信の調べで分かった。ヒアリングなどに応じた約30社のうち、7社が09年春入社予定に比べて採用数を大幅に減らす。空前の売り手市場が続いたこれまでの就職戦線と打って変わり、来春の採用枠は確実に狭まりそうだ。
 「減らす」とする企業は、業績悪化に見舞われている輸出産業に多い。特に、自動車業界はホンダが今春(1490人)比600人減の890人とするほか、日産自動車も今春の582人から数十人へと大幅に減らす。また、全日本空輸も総合職を4割減の85人程度とする。このほか、JVC・ケンウッド・ホールディングスは定期採用を凍結、三菱重工業も約300人減の1500人とする。

 一方、安定的な人材確保の観点から「前年(09年春)並み」と回答した企業は半数の15社に上る。「好不況に関係なく採用する方針」(三井物産)、「景気で凹凸が出るのは、人員構成上も雇用を守る面からも良くない」(NTTデータ)など、前年に引き続き高水準の採用を計画している企業も依然として多い。このほか、TDK、KDDI、双日、タカラトミーなども前年並みとする方向だ。

(2009/02/15-14:30 時事通信ドットコム)

(引用ここまで)

↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック