松坂大輔の残す名言・格言 | 偉人の格言・名言集

今日は満点です。

でも、これが最高じゃない。

松坂 大輔

【Daisuke Matsuzaka】


画像



今日の私に感動を与えてくれた名言・格言は
説明の必要がありませんよね(笑)


怪物・松坂大輔投手の言葉です。
仕事でもスポーツでも、追い求めるということの
大切さはまったく同じです。勉強になった言葉でした。

【松坂大輔】

松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、
ボストン・レッドソックスに所属するプロ野球選手(投手)。
背番号は18。

父は北海道稚内市出身で、母は青森県出身。
弟・松坂恭平は愛媛マンダリンパイレーツに
所属していた元野球選手。

妻は元日本テレビアナウンサーの柴田倫世。
夫婦の間には2005年12月に誕生した長女と、
2008年3月に誕生した長男がいる。

「大輔」という名前は、1980年に大旋風を巻き起こした
甲子園のアイドル、早稲田実業の荒木大輔のように
甲子園で活躍できるようにという親の願いから
つけられたものであり、その親の願い以上の
結果を甲子園、プロで残している。

画像


愛称は「マツポン」「マツ」「ダイスケ」、
アメリカメディアでは「Dice-K」「D-Mat」という
愛称が使われている。ボストンでは「Dice-K」が好まれる。

本人は「D-Mat」をサインに使うこともある。
代理人はスコット・ボラス。

「目標が、その日その日を支配する」という句を座右の
銘にしているが、これは横浜高校創立者黒土四郎が
愛した詩の一行である
(黒土四郎の先輩後藤静香が創作した『第一歩』という詩)。

新人王(1999年)
最多勝利:3回(1999年 - 2001年)
最多奪三振:4回(2000年、2001年、2003年、2005年)
最優秀防御率:2回(2003年、2004年)
沢村賞:1回(2001年)
ベストナイン:3回(1999年 - 2001年)
ゴールデングラブ賞:7回(1999年 - 2001年、2003年 - 2006年)
オールスター出場:7回
(1999年 - 2001年、2004年 - 2006年)
※2002年と2003年は負傷により出場辞退

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
画像



↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング