新卒採用ニュース | ワークスアプリケーションズの2010年採用計画

株式会社ワークスアプリケーションズは
東京都港区に本社を置く、大手企業向け
ERPパッケージシステムメーカー。新卒採用において
独自の採用ブランディングを図っている同社の
新卒採用計画のニュースをご紹介します。


ワークス社の新卒採用ポイントは、本人の
問題解決能力の有無を見極めることに尽きるようです。
我々のような人材採用コンサルティング、
人材コンサルティングに従事する会社も、
このワークスアプリケーションズには
注目を続けているほどです。


ご参照ください。


(以下、引用)
「学生に雇用の機会を創出したい」
ワークスAP、2010年新卒採用数を前年比150%の300人に


ERPパッケージシステムを提供するワークスアプリケーションズは2月3日、2010年春入社予定の新卒採用数を前年比150%にする方針を発表した。

画像


 同社は2002年から、学生の問題解決能力を育てるインターンシッププログラム「問題解決能力発掘インターンシップ」を開催し、優秀な人材の獲得を目指していたが、2010年採用では特別に、短期間で採用を決める「特別選考枠~ワークスアプリケーションズ トライアウト~」を実施し、インターンシップ選考と併せて300人の採用を掲げている。

 昨秋からの不況による企業側の内定取り消しや新卒採用人数の縮小で、就職が困難な状況の学生に、雇用の機会を創出する。

 インターンシップ選考は、東京、大阪、福岡の3都市のみの開催に対し、特別選考は、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌の全国5都市で開催。19日間を要するインターンシップ選考に比べ、拘束期間が短くなるメリットもある。選考フローは、セミナーでの筆記試験、与えられた課題に対するプレゼンテーション形式での複数回の面接、同社CEO 牧野正幸氏によるセッションと職種体験を経て、内定に至る。給与は年俸制で500~600万円。

(@IT 荒井亜子 2009/02/04)
(引用ここまで)



問題解決能力とはどういう資質か。
この企業ではロジカル・シンキング(論理的思考能力)と
クリエイティブ・シンキング(発想転換力)を
兼ね備えた人を、「問題解決能力の高い人材」と定義。


論理的な思考能力に関していえば、筆記試験や
面接によって完璧ではないにせよ、ある程度確認できる。
ただ、発想転換力は、1時間やそこらの面接では
絶対にわからない。要は“壁”にぶつかったとき、
どう考えて行動し、ブレイクスルーしていくか。


まさに「地頭力」が求められる。ということですね。
そこをしっかりと見極められるような採用プログラムを
構築していきたいというのが、ワークスアプリケーションズの
もともとの取り組み内容だったとのことです。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック