2010年新卒採用動向 | 採用予定数「減」上回る

2010年新卒採用動向 | 採用予定数「減」上回る。
新卒の採用減らす企業が大幅に増えました。というニュース。
あまりに驚きも何もない記事といえるかもしれません。


現状の従業員の雇用すらも、非常に厳しい今。
誰もが予想できる動向といえるでしょう。


でも、この中で優秀な人材を獲得するチャンスだと
意気込んでいらっしゃる経営者も、実際にいる。
さぁ、皆さんはどうされるのでしょうか。


今こそ、したたかに動く。
そんな企業が勝ち残る可能性は高そうですけども・・・。


(以下、引用)
<主要100社>4割「新卒採用減」 7年ぶり「減」上回る

毎日新聞は20日、全国の主要企業100社を対象とした10年春の新卒採用調査をまとめた。採用予定数を09年春実績(調査時点の内定者数)より「減らす」と答えた企業が昨年の9社から大幅に増え、4割にあたる40社が採用を抑制する。一方、「増やす」は昨年の30社から5社にとどまり、ここ5年間で最少だった。「減らす」が「増やす」を上回ったのは、IT不況時の02年調査以来7年ぶり。世界的な景気減速で、今春まで続いた採用の拡大傾向が転機を迎え、電機、自動車などの輸出型企業を中心に採用意欲が冷え込んでいることが明らかになった。

 調査は2月中旬~3月上旬にアンケートを実施、一部取材を加えた。三越伊勢丹ホールディングスは、傘下の三越と伊勢丹それぞれが回答した。10年春の採用が「前年並み」は38社、「未定」は18社。トヨタが前年比半減の1400人、ホンダが同40%減の890人に、キヤノンも同65%減の400人とするなど、採用方針が固まった自動車4社、電機・精密機械6社の全社が採用を減らす。理由については12社が「業績悪化、業績好転が当分見込めない」と回答。「環境の変化で採用を厳選」(ソニー)や「中期計画に基づき必要数を確保」(三菱重工業)など、ここ数年の大量採用を見直し人材を絞り込む動きもある。

(毎日新聞 - 03月20日 23:51)

(引用ここまで)
↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック