結婚式スピーチ/結婚式余興はプロに任せる時代

今の時代、結婚式スピーチや結婚式余興は、
もうプロに任せる時代が来ているそう。。。です。


面白いですね~。
面白かったので、記事にしてしまいました。


結婚式で親友役やります 派遣ビジネス盛況


6月はブライダルシーズン。結婚式は親や親類をはじめ、親しい友人や恩師、会社の上司や同僚らを招く人生の一大イベントだ。誰を招くか新郎・新婦は悩むところだが、首都圏では最近、招待客の「代役」を派遣するビジネスが増えている。希薄な人間関係を象徴するようだが、背景には不況や職場の変化もあるという。

 都心に近い千葉県内のイタリアンレストランで開かれた結婚式の2次会。グレーのワンピースを着た東京都大田区の女性(32)は、「新婦の中学時代の友人」として、約100人の招待客を前にスピーチをした。

 「○○(新婦)は周りの人のことを優先して考えてしまうので、自分に悩みがある時は黙り込んでしまいます。だんなさんは気づいてあげて、悩みを聞いてあげてくださいね」

 大きな拍手がわく。だが、実は女性が新婦に会ったのはこの日が初めて。女性は、結婚式などに代理出席者を派遣するオフィスエージェント(東京都中央区)の登録スタッフなのだ。拍手を送った出席者の中にも、10人のスタッフが交じっていた。

 女性は振り返る。「スピーチは新婦さんが考え、エージェント経由でメールでいただきました。終わった後は他の出席者に話しかけられないよう、スタッフ同士でかたまっていました」

 港区の男性会社員(37)は、20回以上も結婚式で代役を務めてきたベテランだ。依頼されるのは新郎の友人役や会社の同僚役が大半だが、女性スタッフと一緒に夫婦を演じることも。スピーチのほか余興で歌も披露する。「インターネットでこの仕事を知り、小遣い稼ぎに登録しました。今は、式で出る料理や引き出物が楽しみ」と話す。

 代役と気づかれないよう、細心の注意を払う。スピーチの内容はあまり掘り下げず、紹介するエピソードは「大学時代、下宿で毎晩のように飲んでいた」といった程度にとどめる。

 難しいのは職場の同僚役。本社の住所や社長の名前など一通りは覚えて行くが、部長や課長の話題となると、なかなかついていけない。「最近の式は歓談の時間が長いので、会場外に出てたばこを吸うことが増えています。ビンゴゲームなどの余興があると本当に助かります」

 式が終わったあとで新郎・新婦から言葉をかけられることもあるという。「うまく盛り上げてくれて、本当にありがとう」

[2009年6月18日 朝日新聞]



・結婚式・披露宴の代理出席
・お通夜、告別式、セミナー、研修会、パーティ、合コンの代理出席
・友人、恋人、知人、親族の代理、代行、代役


などなど、色々サービスが存在しているようです。
人間は、どんどん怠惰になっている証拠ですが、
面白いな~と思ってしまったのも、事実です(笑)


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへにほんブログ村 就職バイトブログへ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック