人事コンサルティングニュース | 日立コンサルティングとSAPが協業

人事コンサルティングニュース | 日立コンサルティングとSAPが協業。
SAPジャパンは、ERP(Enterprise Resource Planning)などを
提供するドイツのソフトウェア会社"SAP AG"の日本支社。


ドイツ留学の中で出会った学生も、
この会社のことを、色々熱く語ってくれました。


SAPはERP市場で世界的にも日本市場においても
圧倒的なシェアを持っている企業です。


競合他社には、アメリカの「オラクル」などがあり、
「SAP ERP」と市場シェア争いを繰り広げている。
最近では、日本のワークスアプリケーションズなども台頭してますね。


経理・製造・営業・人事 等 システムを
雛型(テンプレート)にてユーザに提供し、
必要に応じてシステム改修する構成となっています。


グローバル人事戦略コンサルティングを事業に据える
日立コンサルティングとの協業は、納得できるものですね。

画像


(以下、引用)

日立コンサルティングとSAPが協業、国際会計基準対応サービスを提供

日立コンサルティングは7月23日、SAPジャパンと6月23日に協業契約を締結したことを発表した。両社の協業によるサービスの第1弾として、国際会計基準(IFRS)対応などで求められる連結会計管理のコンサルティングサービスから提供が開始された。

今回の協業により、連結会計管理のコンサルティングサービスのほか、グローバル人事改革コンサルティングサービス、製造業や社会インフラ業界などを対象とした設備管理コンサルティングサービス、建設業界を対象とした建設会計コンサルティングサービスを、短期間で効果が見込めるアプローチを用いて提供していく。

同社は6月1日より、IFRS対応サービスの提供を開始しているが、SAPとの協業により、「SAP BusinessObjects Financial Consolidation」と「SAP ERP(FCM New GL)」を活用して、日本企業がグループ各社の財務情報を収集して行う連結会計処理をIFRSに対応させるとともに処理を効率化し、多くの企業が取り組んでいる決算早期化を実現する。

グローバル人事改革コンサルティングサービスでは、事業展開のグローバル化やM&Aなど経営環境の変化に柔軟に対応できる人事制度を構築する。日立コンサルティングの人事コンサルティングの経験に「SAP ERP(HR)」の機能を加えて展開していく。

設備管理コンサルティングサービスは、多額の設備投資を必要とする製造業、電力・ガス・水道事業において、設備の稼働率向上や適切な配置を行うなど、設備の統合的かつ戦略的なマネジメントを「SAP ERP(EAM)」の活用により実現する。

同社は、2012年度までにSAP 関連ビジネスの人員を200名体制にまで拡大し、50億円の売上を目標とする構え。

[2009/07/24  マイコミジャーナル]


(引用ここまで)


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング


Copyright © 2006 – 2010 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック