理系採用のための学生傾向分析 | 好景気と不景気時の志向の違い

理系採用のための学生傾向分析 | 好景気と不景気時の志向の違い。
理系学生の採用は、特に採用ニーズが高い。


技術系学生の採用は、多くの企業が
重要な採用課題にあげています。


理系学生、
好景気のときは、給与・待遇などの良さにひかれ
金融やコンサル、マスコミといった非メーカーを
志望する率が高くなります。


しかし、
不景気のときは自分の専攻が活かせる
仕事に学生の意識が向く傾向にある。



経済環境が厳しいからこそ、
余計に自分のこれまでの学問におけるメリットを活かして、
食っていこうという保身の心がそうさせるのではないか。


そう思います。


理系採用を積極的に進められる企業様は、
いかに
「アナタの学んできたことは、こう活かされるんだ」と、
しっかりそれぞれの専攻学生に伝えることが大切に思う。


・専攻別リクルーター
・専攻別セミナー



なども面白いかと思います。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

Copyright © 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック