グローバル人材とは | 定義と必要な能力

グローバル人材とは?
最近の人材マーケットにおけるキーワードともいえる、
この「グローバル人材」。


グローバル人材の定義に明確なものはありませんが、
英語などを筆頭とした語学力の前提にある、以下の3つの
素養・能力が重要だと考えます。



・異文化理解をし、習慣や知識を習得する力


・企業の理念、価値観を浸透させる力


・組織全体を俯瞰し、管理する能力




まず、1番目の「異文化理解をし、習慣や知識を習得する力」ですが、
海外はもちろん、国内でも環境が多様化する現在です。


異文化への理解に加え、それを受け入れ、
海外の習慣などに溶け込んでいくことは大切です。
その国の人間になり切る心構えがあると、
現地社員との関係も良いものになります。




そして、2番目の「企業の理念、価値観を浸透させる力」ですが、
最も大切な能力といっても過言ではないですね。


グローバル環境でマネジメントに携わる
日本人の主な役割は、まさに現地化の推進です。


BRICSの市場化と、インターネットの普及などで、
消費者のニーズは、細かく分かれ、多様化が進み続けています。


そのような状況でも企業が勝ち残るためには、
現地における迅速、且つ適切な意思決定が求められます。
あのトヨタでも、失敗したポイントです。


異文化がもたらす価値観の違いを乗り越え、
全社的な理念と方向性に沿った、最適な意思決定を
促進するところに、グローバル人材の存在意義が生まれるわけです。



企業の理念、価値観を浸透させる。
そのためには「論理性」も重要ですね。


説明能力と同時に、説得能力を保持する必要があります。




最後は「組織全体を俯瞰し、管理する能力」です。


これは海外・国内どちらでも必要なことだと思いますが、
コミュニケーションやマネジメント、戦略策定能力など
ビジネスを全体的に俯瞰し、管理できる能力は必要です。



まとめますと、


・現地の習慣や文化を深く理解し、溶け込んで


・企業のあるべき姿を理解し、企業理念・価値観を浸透させて


・冷静に客観的な判断を下し、全体の管理する




以上の能力が大切になると思います。
書きながら再認識しましたが、大前提には



「度胸」「勇気」「タフ」「冷静」「情熱」「勤勉」



これらのようなポイントを
多く含んだ人材ではないと、活躍は難しいということ。


これは、海外でも国内でも変わらないですよね。。。笑




ある調査によると、
「海外で働きたい」「海外で働いても良い」と回答した新卒学生は、
「日本国内で働きたい」「日本国内の地域限定で働きたい」と
回答した学生より、内々定を得て就職活動を終了している割合が高く、
グローバル志向を持つ学生は内々定を得やすい傾向に。


また、企業が学生にグローバル志向を求める割合は
約60%である一方、学生がグローバル志向を持っている
割合は約46%であり、企業が求める割合に
満たないという結果も出ています。



「度胸」「勇気」「タフ」「冷静」「情熱」「勤勉」



企業の求める素養が、もちろん上記のようなところですから、
当然の傾向結果というところでしょう。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

Copyright © 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック