フジテレビの朝番組にて | 乙武洋匡さんの「バレンタイン」話

フジテレビの番組で聞いた、乙武洋匡さんの話。
土日は、私用で福井県のほうにいました。


日曜日の朝、「新報道2001」という番組を朝ご飯を食べながら
見ていると、乙武洋匡さんが出演されていました。


昔、乙武洋匡さんの本を読んで大変感動しました。
最近まで3年間、小学校の先生をされていたそうです。


出演者は豪華なもので、
安藤忠雄さん、乙武洋匡さんをはじめ、

慶應義塾大学塾長・清家篤氏、
京都造形芸術大学教授・寺脇研氏、
経済評論家・宋文洲氏、などなど。


まさに「賢人大会議」というもの。。


ですがその中でも一番シンプルな内容だったのもあり、
頭に残ったのは乙武さんの「バレンタイン」話


今は小学校では、バレンタインデーにチョコを持ってくることは
全面的に禁止されているそうです。理由は、なんと
「もらえない男の子が可愛そうだから」。



・自分はなぜ、チョコをもらえないのか?

・どうすればチョコをもらえるモテ男になれるのか?



こんなことを考える機会を奪われているのが
今の教育現場なんだと、たしか乙武さんは
おっしゃっていたと思います。



自分の出来ないところ、弱点を把握することは
成長欲求をかき立てる重要な材料です。


人間は劣っていると感じたとき、
一番努力しようと考えますからね。



私も社会人1年目の頃、
新卒で入社した会社の当時の取締役に
「とにかくいっぱい失敗しなさい。それが成長の近道です」


まさにその通りだったな~と、
今になって改めて、その言葉に感謝する日曜日でした。。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

Copyright © 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック