採用心理学 | 色と魅力の関係性

採用心理学 | 色と魅力の関係性。
色とは機能としての魅力だけでなく、
人の感情や心に訴えかける力を持っています。


人材採用においても、いえることだと思います。



「採用活動とは、恋愛活動に通ずる。」



これは私たちの採用コンサルティング業界では、
よく使われる言葉ですが、今回は恋愛と
色(カラー)の関連性に関するニュースをご紹介します。


(以下、引用)
赤い服を着れば女性にモテる? 米大学が実験

赤い色は、男性をステータスが高く、魅力的に見せる効果があるという。

 女性にもてたい男性は、赤い服を着るといいようだ。米ロチェスター大学の心理学者がこのような研究結果を発表した。

 同校の心理学教授アンドリュー・エリオット氏によると、赤い服を着た男性は、女性からより魅力的に見られることが一連の実験で示されたという。「女性は赤い服を着た男性を、ステータスが高く、収入が多く、出世しそうだと評価した」

 実験では、赤や白などの枠をつけた男性の写真や、同じ男性の写真をシャツの色を変えて女性に見せ、男性の魅力度やステータスを評価してもらい、デートしたいか、セックスしたいかなどの質問に答えてもらった。男性が親切そうか、外向的に見えるかなども聞いた。

実験では男性のシャツの色を変えて被験者に写真を提示した
(写真提供:ロチェスター大学)


 その結果、赤い色はステータスと魅力についての評価に影響することが示された。赤を使った写真は、ほかの色と比べて、権力があり、魅力的で、性的魅力もあると評価された。親切さや外向性などの評価には色の影響はなかった。また男性が男性を評価する場合にも、色の効果はなかったという。

 エリオット氏らは、赤い色がこのような影響をもたらすのは、文化的な理由と生物学的な理由があると考えている。赤は古来から、富や権力と結びつけられていたという。例えば古代ローマでは、身分の高い人は「赤を着る人」と呼ばれ、現代でも有名人は「レッドカーペット」で迎えられる。また生物学的な面では、マンドリルやゲラダヒヒなど人間以外の霊長類では、赤はオスの支配力を表すもので、特に群れのボスにおいて強く表れると同氏は述べている。

 この研究結果は8月2日発行の「Journal of Experimental Psychology: General」に掲載された。エリオット氏は2008年にも、赤い色が女性を魅力的に見せるという研究結果を発表している。

[2010年08月04日 19時03分 ITmedia NEWS]

(引用ここまで)


街中で、赤々しい服を着ている私を見ても、
どうか笑わないでくださいね(笑)


まさに色彩を用いて、その企業の商品やサービス、
ひいてはブランド、もしくは個人などをコーディネートする
カラーコンサルティングという領域の話かもしれません。



様々な現場で、色の相談や指導などを行っている
人のことをカラーコンサルタントといいますが、
活躍する現場には、様々なものがあり、
美容関連や建築、インテリア関連、ファッション関連など
多岐にわたるそうです。


採用活動は、まさに「人対人」の活動。
対面する企業人事の印象が入社動機に大きく影響するのは、
いわずものがなです。



アメリカの大統領選挙前の演説大会などでは、
各候補者すべてが赤のネクタイをつけて
スピーチに臨むという光景があります。


企業の採用担当も、
情熱的な理念を掲げる企業様の場合は赤のネクタイを。


お客様志向を持つ、ホスピタリティ精神を標榜する企業様は
淡いピンク系のシャツや、アクセサリーを。


などなど、採用活動を通じて
「色」を企業のスタンスや、採用ステップごとに
使い分けるという考えも、大切かもしれません。



↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

Copyright © 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック