新卒採用ニュース | 三菱自動車、前年比1.5倍の150名採用

新卒採用ニュース | 三菱自動車、前年比1.5倍の150名採用。
先月の日銀全国支店長会議。


「円高が続けば、電機や自動車の部品関連の企業に、
ボディーブローのように影響が出てくる」



このように表現をされたのは、
宇平直史、札幌支店長。


自動車産業は、今まさにグローバル競争社会の中で、
勝ち抜いていかないといけない業界。


国内の人材採用のコントロールも
なかなか判断しづらい状況かもしれませんが。。


(以下、引用)
三菱自動車、12年度新卒150人採用


 三菱自動車は2012年春入社の新卒採用人数を11年度予定比1・5倍以上の150人強とする方針を固めた。現状の人員規模を拡大する観点から、若手人材の確保と早期育成が急務と判断。技術系を中心に新卒採用の拡大に踏み切る。

 開発体制を強化するため、今夏から2年ぶりに技術者の社会人採用を再開しており、新卒を含めて開発人員の雇用を加速。現在2500人の開発部門を今後5年間かけて200人程度純増させる計画だ。

 10年度入社の新卒採用は、08年秋に発生したリーマン・ショックなどの影響で経営環境が悪化したことから技術系のみに絞り込み、約30人にとどめた。11年度は事務系の雇用を再開し、3倍強の約100人が入社する予定。12年度はさらに1・5倍以上に引き上げる。

[2010年11月08日 日刊工業新聞]

(引用ここまで)


アメリカや新興国の自動車市場で、
トヨタ・ホンダ・日産・三菱・マツダなど、
日本の自動車メーカー企業が韓国や欧州企業と
競合するケースが多くなっています。


毎日のように「円高ドル安」がクローズアップされていますが、
実際のところ、対ドルよりだけでなくて、
対ユーロや対ウォンなども、円高の影響が非常に大きい
自動車産業かと思います。


そして円高を背景に、企業が海外で自動車を生産する体制を
整える可能性も、より高まりそうな状況。


これ以上、産業と雇用の空洞化とならないように、
国内メーカー企業のためにも、止められるものならば、
円安化対策が不可避でしょうね。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

Copyright © 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 湾岸MIDNIGHT 1巻

    Excerpt: 深夜の首都高を走る車 Weblog: マンガ情報サイト racked: 2010-12-18 17:02