東北関東大震災 | 皆さんのメッセージ

私は今京都にいますが、出来ることをしようと思います。
以下は、お客様の経営者様よりいただいたメール内容と、
皆さんのメッセージです。


よろしければご確認ください。


関西電力に勤務している友人から送られてきました。
ご協力頂ける方はよろしくお願い致します。


以下が内容です。
関西地区にお住まいのみなさん。
東北三陸沖大地震に伴い、関西電力が
東北電力への電力提供を始めました。


少しの節電でも立派な支援になります。
電子レンジや炊飯器など、普段さしっぱなしのコンセントを
今日だけでも抜き、一人一人が出来る節電のご協力をお願い致します。

このメールをできる限り広め、節電による送電の支援が
出来ればと思いますのでご協力よろしくお願い致します。


#Google安否確認=http://bit.ly/gkEFRO

携帯各社伝言板 
au= http://bit.ly/eoeUc2 
ドコモ=http://bit.ly/hF2BHS 
SBM=http://bit.ly/fXe5Ms EM=http://bit.ly/eY2sIe


#元自衛官の方が、経験を元に拡散を希望されています 以下 転載 首都圏在住の方々へ、一度お目通しください。 現在、首都圏周辺にある陸上自衛隊 第1師団(東京・千葉・静岡) 第12旅団(群馬・長野・栃木・茨城・新潟) 第1施設団、第12後方支援隊などの東部方面隊管内の各駐屯地から「災害派遣」の先発隊が昨日のうちに出発し、東北の各地で情報収集活動を行っています。 各地で情報収集を行った後、必要な装備を整え、物資と人員を満載した大規模な本隊が本日明朝から出発し、東北の災害現場...へ向かうと思われます。 首都圏各地から東北に住む、家族・親友・親戚の安否を心配し、車を使いこれからもしくは明日、東北へ向かおうとする方。 今は統制がとれ組織だった行動ができ、大量の人員が集結できる自衛隊の力が一番必要になります。 できる事なら「災害派遣」と横断幕やパネルに書かれた、又は運転席に「災害」とステッカーが張られた自衛隊車両を優先的に向かわせてください。 彼らが1時間1分でも早く現地に到着し部隊の展開ができれば、救える命、必要物資の提供、速やかな復旧活動が行えます。 私は2007年に発生した「新潟県中越沖地震」にて、いち自衛官として関東にある駐屯地から災害派遣に参加しました。 しかし、同じように他県から柏崎へ向かう一般車の数がとても多く、関越道と北陸道を使っても現地へ向かうのにとても時間がかかりました。 柏崎市内に入っても車が非常に多く、集結地である沿岸部のみなとまち海浜公園 へたどり着くのに、更に時間がかかりました。 自家用車を使っての被災地域への移動や行動は、今一度お考えください。 例え高速道や国道を走っていても、車列を組んで走る自衛隊車両に道を譲り、最優先に向かわせてください。 彼らは必ず、多くの方々を助けだしてくれる、心強い組織です。 多くの方々へ、呼びかけてほしいです。 1人でも多くの自衛官を現地へ! 支援車両、物資、機材を現地へ! 1人でも多くの被災者を救う為に! 元自衛官からのお願いです

#Facebookに情報交換ページ→http://www.facebook.com/jishin.info

#ライブドアが無線LAN無料開放。SSIDは「free-online-ld」。基本的に認証なし。もしWeb認証が出る場合は、IDが「01@free@lw」「02@free@lw」「03@free@lw」パスワードは「livedoor」を。 http://bit.ly/gYbSjo


皆さんの無事を心から祈っています。

↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

Copyright © 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

名古屋人
2011年03月13日 22:44
2011年3月13日18時31分掲載 サンケイビズの記事

東日本大震災で、西日本の電力会社から東日本へ送電するために節電を求める内容のチェーンメールが出回っていることが13日、分かった。
電力各社がホームページで注意を呼び掛けている。

 
関西電力などによると、西日本と東日本では周波数が異なり、送電容量は100万キロワットが上限。
同社は「東日本へ最大限の電気の融通を行っても(関西電力管内の)安定供給に支障はなく、顧客に節電をお願いする状況にはない」としている。

 
電子メールは「関西電力で働いている友達からのお願い」とした上で「本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、中部電力や関西電力からも送電を行うらしい」とし、節電を求める内容。
メールの転送も呼び掛けている。

この記事へのトラックバック