世界労働時間ランキング | 日本は本当に労働時間が長いのか?

世界労働時間ランキング | 日本は本当に労働時間が長いのか?


いろんな調べ方がありますので、
一概には言えませんけどね。。。(笑)


(以下、引用)
世界で最も労働時間が長いのはメキシコ、日本2位、中国7位―OECD調査


2011年5月26日、世界で最も労働時間が長いのはメキシコ人であることが経済協力開発機構(OECD)の調査で明らかになった。米CNNが伝えた。

OECDは有給の労働と家事や買い物など無給の労働に費やす1日当たりの平均時間を調べた。調査対象は加盟29カ国。その結果、有給と無給を足した労働時間が最も長かったのはメキシコの9.9時間で、日本は2位の9時間だった。3位以下はポルトガル、カナダ、エストニア、オーストリアと続き、中国(8.4時間)が7位に入った。米国(8.3時間)は9位、インド(8.1時間)は13位、フランス(7.5時間)は26位だった。

反対に労働時間が最も短かったのはベルギーの7.1時間。有給労働の平均は4.6時間、無給労働の平均は3.45時間だった。有給労働だけでみると、日本が最長の6.3時間、デンマークが最短の3.75時間だった。無給労働の時間が最も長かったのはメキシコの4.2時間、韓国が最も短い1.3時間だった。(翻訳・編集/NN)

[Record China 2011-05-27 23:44:10]

(引用ここまで)



今回のOECDは、有給の労働と家事や買い物など
無給の労働に費やす1日当たりの平均時間を調べていますから、
ビジネスパーソンの仕事時間がメキシコが一番多いわけでは
ありませんね。


国際労働機関(ILO)は、2000年の労働者1人当たりの
年間労働時間を国際比較しています。


そのデータによると、2,474 時間の韓国がダントツの1位。
2,092 時間のチェコが2位で、3位は1,979 時間の米国。


10年前の調査では先進国でもっとも長い
2,031 時間だった日本でしたが、2000年調査では
1,842 時間にまで減少し、世界6位。


生産性はそのままで労働時間が短くなっているなら、
良いかもしれませんが、そのあたりは残念ながら
比例していると思われます。。


新卒採用の現場で、学生から「日本は残業時間が多い!」
などの声がよく聞かれますが、世界から見れば
まだまだ甘いともとれます。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

Copyright © 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック