2012年新卒採用の各社スケジュール動向

2012年新卒採用の各社スケジュール動向。
採用競合の動きと、そのタイミングとの調整作業は
例年、私たちのひとつの仕事になっています。


改めての話になってしまいますが、
日本の新卒採用は特異な構造です。
日本だけの非常に整った、まさに「イベント」です。


リクルートなどをはじめとする就職情報会社が
提供する就職サイトによって豊富な情報が提供され、
きわめて容易に就職活動が行えるのは、ここ日本だけ。


「就活」は、まさにスケジュール化されています。
一般的な流れは下記。



■大学3年・4月
就職ガイダンス

■大学3年・5月、6月
インターンシップ受付開始

■大学3年・10月~
企業による公式採用エントリーを受付開始


(年が明けて)


■大学3年・2月、3月
大手企業を中心としたエントリーシートの提出受付

■大学4年・4月上旬~
エントリーシートで通過した学生を対象に、
大手企業を中心に一斉に面接開始

■大学4年・4月中旬~
大手企業の内定出し開始

■大学4年・5月GW明け~
大手企業の採用スケジュールは終了


もちろん、この時期に内定を獲得している
学生はまだ半分にも満たないわけです。



4月時点の2011年卒内定率は31パーセント。
(毎日コミュニケーションズ)

5月1日時点での数字は47,8パーセント。
(ディスコ)


というところが参考数字でしょうか。



しかし、この4月に大手企業たちはこぞって、
上位校・理系採用をしっかりやり終えます。。



上記の内定率に貢献しているのは、
割合としても、上位校・理系学生が多いはずでしょう。


もちろん、大手企業の中には通年採用なども
実施していますが、ターゲットが少し違います。


海外大学生や、文系学部生などを対象にした
採用活動が、5月以降のメインとなり、
スケジュールを大きく2つに分けて動いている
大手企業の兆候も見えていますよね。


私たちのお客様の6割以上を占める
中堅・ベンチャー企業様なども、同様に採用したいターゲットは
基本的に「上位校採用/理系採用」というところ。


2012年採用支援では4月中には内定を出せるような
採用スケジュールを組んで、活動しないことには
「後の祭り」になっている可能性が高いでしょう。



御社の採用ステップはどの程度あるでしょうか?       
(説明会 → 一次選考 → 二次選考 → 最終面接)
などの4ステップあたりでしょうか。


ステップ間の日数を1週間半と見ても、
3月の第1週あたりが最終セミナーとなる
スケジュールで活動内容を詰めていかないといけませんね。


もちろん、あえて大手に立ち向かわない手法もあると思いますが、
本当の意味での「厳選採用」を意識されるのであれば、
正直、避けては通れない道だとも思います。


少子化、全体的な学生の質の低下の問題を踏まえると、
企業として、ここで挑戦的な新卒採用活動を実践しないと、
最終的な採用成果も、難しいものになっているのでは
ないでしょうか。。。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

Copyright © 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

"2012年新卒採用の各社スケジュール動向" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント