モビケーションとは | デンマークのモビケーション戦略

モビケーションとは | デンマークのモビケーション戦略。


3月の東日本大震災で、多くの方が職を失われました。
その仕事は伝統産業から、最先端技術のメーカーまでさまざま。


日本経済の一つの大きなテーマとしてあげられている
失業率も、今回の震災をきっかけとして
さらに高まっていく恐れがあります。



長期的な雇用の回復、復興への道の一つとして
期待されているのが「職業訓練」ということで、
先日NHKが特集を組んでいました。


欧州では職業訓練に力を入れることで
好調な経済を維持している国が少なくないといいます。
そのひとつにデンマーク。


そして、そのデンマークが推し進めるのが
「モビケーション」という戦略です。



・モビケーションとは?


モビケーションとは造語で、国・企業・労組が一体となって
失業者を訓練(education)し、環境分野などの成長産業に
移動(mobility)させる“モビケーション”という戦略。


これにより、産業の新陳代謝を活発にしている。




これに対し日本では、職業訓練と生活費の支給が
セットで受けられるという新たな制度に
受講者が集まっています。


しかし、最も重要な雇用の回復には
なかなかつながっていないのが現実です。


その要因としては、今の経済環境や各産業の伸びしろを国が
正確にとらえられていないところにあるかと。



成長産業や、今後将来性のある業種にこそ、
人材ニーズがあるわけですから、そこにアプローチできるような
スキルや、知識、経験を積んでもらうことで、
需要と供給のバランスを確保できるはず。


日本においては決定的に足りないであろう
国と民間企業の一体化が一番の問題であるように感じます。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

Copyright © 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

"モビケーションとは | デンマークのモビケーション戦略" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント