新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】

アクセスカウンタ

zoom RSS トヨタのリクルーター制度が8年ぶりに復活

<<   作成日時 : 2010/11/02 20:23   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

トヨタ自動車のリクルーター制度が8年ぶりに復活。
日経新聞の朝刊でも大きく取り上げられていましたね。


(以下、引用)
トヨタ、リクルーター復活 大学の後輩勧誘 ネット公募を補う


 トヨタ自動車は2012年春入社の大卒事務系の採用活動で、8年ぶりにリクルーター制度を復活させる。若手社員が出身大学の学生に会社の現状や業務を個別に説明し、勧誘する。インターネットを使う自由公募だけでは商社や金融など他業種への志向が強い学生に接触できないため、リクルーター制度で優秀な人材の確保を目指す。

 200〜300人の若手社員が出身大学の学生と個別に連絡を取り情報を提供するとみられる。「(志望者の絞り込みや、合否にかかわる評価を下すなどの)選考には関与しない」(トヨタ関係者)という。


 トヨタは04年春から事務系の新卒採用をインターネットなどで応募する自由公募に一本化していた。しかし10年春の採用では応募者数が前年比約2割減の7000人程度に減少。09年3月期に最終赤字に転落したことも要因とみられる。

 10年春の採用数は約100人。応募数は足りていたが欲しい人材が他業種に流れる例もあったとされる。リクルーターの復活で学生に自動車産業の魅力を訴えて、トヨタに興味を持ってもらう。

 大手企業では00年前後からインターネットを使う自由公募制が広がった。少ない採用コストで多くの応募者が集まるが、志望動機のあいまいな学生も多く、絞り込みに頭を悩ませる企業が多い。

[2010/11/2付 情報元 日本経済新聞 朝刊]

(引用ここまで)


トヨタ自動車の個別入社勧誘再開。
応募数減少を防ぐ狙いとは。。。天下のトヨタも
新卒採用には手を抜けないようですね。


新卒採用活動におけるリクルーターとは、
直接学生と会って話すことがメインの仕事に思われますが、
説明会会場や面接選考会場の設営や、
学生さんへの連絡・アポ取りなどもやります。


オフィスビス街近くのカフェなどで、
就活スーツを着た学生を相手に対話している
先輩風スーツ社員を、皆さんもよく見かけられるかと。



社員が大学の後輩を個別に勧誘する
「リクルーター制度」を敷いている企業は
まさにあの活動をアナログ戦術として進めています。


今回のトヨタのリクルーターは、
新卒採用に向けた選考過程には関与しないとのことですが
めぼしい学生のピックアップくらいはミッションとして
担当するのではないでしょうか。


トヨタのリコール問題など、企業ブランドが
傷ついたことにより応募者減も要因として強いと思いますが
効率性を重視し過ぎると、人材採用、とくに
新卒採用は大手企業でも思う通りにはいきません。


リクルーター研修などでお会いする企業様でも、
とにかく効率性を重視されるお客様も中にはいらっしゃいます。



しかし、
求める学生がどのような人物なのか、
その学生はどのような採用競合と争う必要があるのか、
などによっては、効率性を求めることができない場合も、
事実としてあります。


本当にいい採用を続けるためには、
決して手は抜けないということだと思います。


↓応援よろしくお願いします↓
にほんブログ村 経営ブログ 人事・総務へ人気blogランキングへ
人事ブログランキングビジネスブログランキング

Copyright © 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】 All rights reserved.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2012年新卒採用動向 | 高島屋がリクルーター制度復活
2012年新卒採用動向 | 高島屋がリクルーター制度復活。 ...続きを見る
新卒採用コンサルティング 【組織・人事の...
2011/01/10 14:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文



トヨタのリクルーター制度が8年ぶりに復活 新卒採用コンサルティング 【組織・人事の今】/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる